別れた原因を考えることが復縁の可能性を高める

スポンサーリンク

実際に現在付き合っているカップルにせよ、めでたくゴールインした夫婦にせよ、中には一度別れてしまったけど、もう一度復縁したという方もけして少なくはありません。
復縁は難しいという印象があるかもしれませんし、現実的に復縁したカップルは珍しいというイメージをお持ちの方も多いかも知れませんが、実は十分に可能性があるのです。


しかし、ただやみくもに「やり直してほしい」というだけでは、やはり復縁は難しくなってしまいます。
一度別れてしまった関係を修復するためには、別れてしまった原因を解消することが求められるのです。
もし浮気であれば、原因は非常にハッキリしていますが、ケンカで別れてしまったり、また急に別れを告げられたり…いずれにせよ、別れるというのは何らかの理由があり、原因があるのです。

スポンサーリンク

別れた直後は頭に血が上っていたり、また焦っていたりでなかなか周りが見えない状況かもしれません。
しかし、もし相手との復縁を望むのであれば、まずはなぜ別れたのかの原因を探ってみましょう。
日頃から元恋人との接し方に問題はありませんでしたか?
何か傷つけることを言ったということはありませんでしたか?
過去を振り返って原因を洗いざらい考えてみましょう。


そして、メモ用紙のようなものに箇条書きでも良いので、自分なりにどこに原因があったかを考えてみるのです。
もちろん、相手の原因ではなく、自分自身の何がいけなかったのかを振り返り、それを文字にすることで、客観的に自分自身を見つめ直し、復縁への足掛かりに出来るのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加