漠然とした別れの理由だと復縁は難しい?

スポンサーリンク

別れの理由が明確である場合は、復縁を目指すにも原因がはっきりしているだけに、実現へのアプローチが見えやすい面があります。


例えば、浮気であれば、浮気をした方に落ち度があるパターンがほとんどなので、誠意ある謝罪とある程度の時間が必要になります。
また、ケンカや自分自身の至らなさが原因であれば、まずはその部分や原因を改善し、自分磨きをしていくことが求められるでしょう。
しかし、例えば恋人と付き合っていて、ある日突然、「価値観が合わないから別れよう」と言われたら、あなたはどうしますか?
自分自身は相手のことが好きだったし、2人の関係も上手くいっているかのようだったのに、突然「価値観」を理由に別れを告げられては、果たして自分自身は何が原因で、何が足りなかったのか、どこを直せば復縁出来るのかがまったく分からないと思われます。

スポンサーリンク

漠然としていて、良く分からない理由で別れを告げられた場合、考え方としては2つあります。
1つは相手があなた自身から少し距離を置きたがっているというパターンです。
恋人同士の関係に疲れを感じたり、さらには飽きてしまったり…こういった場合には、しばらく時間を置くことが大切であるとともに、そのことで相手ももう一度復縁したいと考える可能性もあるでしょう。


そしてもう1つが他に好きな人が出来たというケースです。
この場合は、相手を傷つけないように言葉を選んだ結果が漠然としたものだったと言えるかも知れません。
そうなると、やはり復縁は難しくなってしまいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加