復縁はタイミングが重要

スポンサーリンク

恋人同士でも、夫婦でも、復縁を希望するなら早いほうが良いと思っていませんか?
よく、「復縁したいなら、急がないと、相手に次の人が見つかってしまったら、その時点で復縁できなくなってしまう。
だからできるだけ早く、復縁を迫るのが効果的ではないか」という誤解があるようです。


なぜ、それが間違いかと言えば、それはあくまでも自己中心的な考えでしかないためです。
自分自身が早く復縁して、かつての関係を戻したいから、できるだけ早く復縁を申し込みたい…これでは、相手の気持ちを考慮に入れていないともいえるのです。
つまり、復縁したいからと、別れた直後にその申し出をするのは、あまりに時期尚早すぎるというわけです。

スポンサーリンク

復縁を実現させるためには、あくまでも時間が必要なのです。
とりわけ、別れた理由が大喧嘩をしたり、浮気があったりといった揉め事であればあるほど、2人の間には時間が必要になります。
2人の関係を見つめなおし、それでも相手のことが必要だと感じるのであれば、当然、復縁の可能性は高まってくるでしょう。
「やっぱりあの人しかいない。もう一度やり直したい」と思うようになるまで、あまり押してはいけないのです。


とはいっても、いつまでも待っていては復縁のチャンスを逃しかねません。
あまりに早すぎると、「この日とは優柔不断な人だ」とか「自分の都合ばかりを考えて、今までと何も変わっていない」と思われるだけです。
しかし、長すぎても、復縁の芽は消えてしまい、相手も次のステップを考えることでしょう。
つまり、復縁を申し込むには、2人の間に適度が時間が必要なのは間違いありませんが、それはどんな別れ方をしたかによっても、そのタイミングは大きく変わってくるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加