接点を作ることが復縁成功のカギ

スポンサーリンク

かつて付き合っていた恋人と復縁したい…と希望される場合、ただ単に「復縁したいなあ」と願っているだけでは、話は前に進みません。
では、復縁を実現するにはどうすればいいか、それはまず接点を作ることが重要となります。


一般的に復縁は非常に難しいとされています。
別れた理由が大きくなればなるほど、復縁と言うのは難しくなってきます。
また、自分は復縁を望んでいても、相手にまったくその気がなければ、そのハードルはさらに高くなります。
また、相手が既に新しい恋をスタートしている場合には、復縁の可能性は消えるといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

もし、別れた相手をもう一度振り向かせ、復縁したいのであれば、まずは共通の友人などを利用して、2人きりではなく、友達も含めて大勢の飲み会などをセッティングすると言うことです。
2人きりで会ってしまうと、思わず感情的になりがちですが、間に友達をはさむことでワンクッションを置くことが出来るのです。


また、このような接点を作る場面では、いきなり「復縁しよう」と自分の気持ちを押し付けないことも大切です。
とりわけ、相手に復縁する気持ちがさらさらない場合は、まずは他愛もない話や付き合っていた頃の話をするなど、復縁の話題には触れないことが大切です。
接点を重ねるうちに復縁の話を切り出すことが重要になります。
復縁をあせる気持ちを抑えて、一歩ずつ前に進んでいくことが復縁を実現するためにはとても重要となるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

接点を作ることが復縁成功のカギ関連ページ

自分に対して気持ちが残っているかを確認する
友人に協力してもらう
友達の関係からもう一度始める
気持ちを隠して普通に接してみる
別れた理由をちゃんと理解する
同じ過ちを犯さないために自分のダメなところを直す
メールや電話は自分からはせず様子を見る
時間を充分空けてから会うための口実を考える
1か月以上の期間を置いてから連絡を入れる
別れ際のやり取りが重要
まだ好きだという気持ちを相手に伝える
新しい恋愛相談をわざと持ちかける
わざと冷めた態度をとる
押してダメなら引いてみる
自分の気持ちばかりを押し付けない
何がダメだったのかを理解する
何事にも冷静を装う
半年以内に決着をつける
自分以外に良い人はいないと思わせる
相手が思いがけないようなタイミングで連絡する
再会したらわざと少し距離感を感じさせる
相手から連絡が来ても焦らず冷静に対応
今まで見せたことがない自分を見せる
復縁のきっかけを演出する。
離れている間の成長を感じさせる
相手の性格を上手く利用する
近くにいると、復縁したくてもやりづらいもの
元彼と復縁したいんだけど…
復縁したかったのに失敗してしまったワケ
価値観の相違を埋めることで復縁は成功する?
復縁のために距離を置く期間が短くても良い場合
連絡が取れるかどうかで相手の復縁への気持ちが分かる
別のことに集中すれば、復縁へのカギが見えてくる
復縁のためにはまず自分自身を磨きましょう
自分自身の魅力を高めることで復縁成功率は高まる
相手に恋人が出来たとき…果たして復縁できる?
別れ話が出たとき、実は復縁のチャンスでもある
遠距離恋愛で復縁を実現するには?
復縁を成功させるために必要な冷却期間って?
言ってしまいがちな悪口…復縁を目指すなら御法度!
復縁を目指す方へ…電話のタイミングとは?
ネット上の復縁エピソードを参考にする
復縁成功のために、電話では絶対に感情的にならないようにする
復縁のために情報を集めよう
コミュニケーションと復縁
復縁を申し出られる条件とは?
復縁のためには以前とは違う自分をアピールしよう
これって復縁しやすい?それともしにくい?
もうすぐ復縁成功…でもあえてじらしてみる
相手の弱点をうまく攻めて復縁を実現する
クリスマスは意外と復縁のチャンス
気持ちをリセットして気持ちを確認することも大切
自分の味方のアドバイスは復縁では敵?
冷却期間で本当に復縁すべきかを見極める
復縁成功のカギは距離感とタイミング
別れたその瞬間…そこを思い出すことも復縁実現には重要
元恋人好みになる…それも復縁の決め手
相手に新しい恋人が…どうやって復縁する?
まずは大人数で会うことから…次なる復縁へのステップは?
連絡しても返事がない…こんなときどう復縁を成功させる?
復縁したい!その気持ちを手紙で伝えよう
すぐに復縁に成功できるケースもある
潜在意識と復縁の関係
飾らないことも復縁成功のカギ
子はかすがい…それこそ復縁のカギになる
復縁の仕方やコツについて(まとめ)