復縁を実現するためのメールの書き方とは?

スポンサーリンク

別れた恋人ともう一度復縁したい…そうお考えの方も多いかと思いますが、復縁を実現するためには、まず相手と何らかの形で連絡が取れるなど、つながりを維持しなければなりません。
復縁に向けて、最も気軽に出来る連絡手段としてメールが挙げられます。


メールで復縁を実現させるためには、メールを送って早々、「復縁したい」と、いきなりその気持ちをメールで伝えることはNGです。
復縁というのは、相手の気持ちありきのこと。
自分自身は復縁したくて仕方がなくても、相手はけしてそうであるとは限りません。
そのため、いきなり復縁について書かれても、相手は戸惑うどころか、より距離を置きたがったり、返事をしたくなかったり…より復縁の実現が難しくなってしまいます。

スポンサーリンク

特に、既に別れてしまった以上は、メールを受け取った相手も、「今、この人とはメールをしたくない」と思うかもしれません。
別れた相手とは、どうしてもメールのやり取りが億劫になり、後回しにしたり、返信しなかったりということがありがちなのです。


メールをきっかけに復縁を目指したい場合は、まずは気楽な挨拶程度から始めることが重要です。
そして、何かしら質問を1つ入れておくと、返信の可能性は高まるでしょう。
また、メールを送信しても、返事を焦らせることなく、あくまでも待つことが非常に重要なのです。
もちろん、相手にメールの返信を催促してもいけません。
相手の気持ちを考えて、待ちの姿勢を貫くことも、復縁のポイントとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加