揉めて別れたなら、距離を置くことも復縁成功のコツ

スポンサーリンク

恋人同士が別れた理由はカップルごとに様々でしょう。
そして、もし復縁したいとお考えの場合でも、なぜ別れたかという理由によっては、復縁が難しくなったり、さらにはしばらく距離を置く方が良い場合もあるのです。


とりわけ、復縁の可能性が低く、また実現したとしても、それまでに時間をかけなければならないことが多いのが、大喧嘩するなどかなり険悪な状態で別れてしまった場合です。
こんなとき、別れた直後に冷静になり、もう一度やり直したいと思っても、相手はけして冷静になっているとも限りませんし、ましてや、またケンカになり、もはや関係を修復するのが不可能になってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

たとえ別れたとはいえ、それまではお互いのことが大切な存在ではあったのでしょう。
それゆえに毎日デートしてみたり、メールや電話で連絡を取り合ったりしていたはずです。
つまり、お互いは日常生活においては欠かせない存在でもあったことでしょう。


もし、揉めて別れたのであれば、たとえ復縁したいと思っても、連絡をしないで、距離を置くようにしましょう。
そのことで、相手も冷静になる時間を持つことが出来るようになります。
そして、冷静になったときに相手がどう考えるか…それが復縁へのカギを握ります。
もう次のステップに切り替えてしまったのなら、もはや復縁の可能性は低くなってしまいますが、当たり前のように連絡しあっていたのが突然なくなって、寂しい思いをするようになれば、これは復縁のチャンスです。
いずれにせよ、揉めて別れた場合は、せめて3ヶ月は連絡をしないことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加