復縁を目指すなら、ここに注意!

スポンサーリンク

別れた恋人とよりを戻したい…そうお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、まず復縁するに当たって、一番注意しなければならないこと、それはもう相手とは付き合っていないということを強く念頭に入れておくということです。
例えば、あなたが復縁したいという気持ちがあっても、相手がそう思っているとは限りません。
別れても、相手はまだ自分のことが好きだ…そういった勝手な解釈をしていては、復縁は成功しません。


あなたが相手に連絡を取ろうとしても、とりわけ別れた直後などは、まだ怒りの気持ちもあるでしょうから、取り合ってくれないケースも多々あります。
着信拒否をして、あなたを遠ざけようとする可能性も高いのです。
しかし、これはごく自然なことで、それに対して怒ったり、焦ったりしても仕方がありません。
もう相手はあなたの恋人ではなく、相手が何をしようとプライベートには干渉できないのです。
付き合っている頃と同じように考えていたら、それは大きな間違いで、復縁の成功率はグッと下がってしまうでしょう。

スポンサーリンク

つまり、焦っても復縁はうまくいかないということ。
すべてはタイミングであり、すぐに復縁を申し込んだ方が良い場合と、しばらく冷却期間を置いた方が良い場合があるのです。


また、連絡がとれたとしても、恋人同士だった頃のような口調で話すのも、復縁を目指すならNGです。
あくまでも恋人ではないということをしっかり認識し、丁寧な口調で話すことが大切となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

復縁を目指すなら、ここに注意!関連ページ

復縁したいのなら焦りは禁物
まずは自分を見直す
復縁までの計画(準備)が必要です
復縁する上でしてはいけないこと
自分の汚点に気づくことが大事
次に会う時の為に自分を磨いておく
久しぶりに再会した時が重要
自分が変わる努力をしよう
まずは相手を思いやる気持ちが復縁成功のカギ
頻繁に自分から連絡するのは逆効果
復縁へ向けての話し合いで気をつけるべきこと
気持をグッと抑えて長期戦で行きましょう
相手の性格を考えて行動する
別れた原因を取り除くことから始める
復縁は片思いの時と同じ
自分の欠点や性格を見直しましょう
冷却期間を置いてからアプローチ
人によっては冷却期間は逆効果
相手の為にどこまで努力が出来るかできまる
協力者が重要
正直、復縁の難しいケースについて
復縁の相談をする相手の選び方について
復縁のために自分磨きをする
自分自身を客観的に見つめる…復縁成功のキホン
恋愛に依存しすぎ…これを改善してして復縁へ
復縁へ動き出す前に…まずやっておきたい相手の魅力探し
復縁は運命的なもの
復縁しても同じことにならないよう自分を成長させる
復縁を成功させるためには、きっかけつくりが大切
半年距離を置くと復縁は難しい?