復縁は計画的に

スポンサーリンク

「復縁は計画的に」と言うと、まるでキャッシングの返済のように聞こえるかも知れませんが、復縁を実現するためには焦らず、慎重に段階を踏んでいくことが大切です。
つまり、計画的に進め、押すときは押す、引くときは引くという姿勢をとり続けることが大切になります。


復縁は一般的には、すぐに実現するものではありません。
もちろんケースバイケースではあるのですが、やはり時間をかけてじっくりと計画的に進めていくことがポイントになります。
そのため、まずは相手をそっとしてあげる…つまり、距離を置くことから始めましょう。
いわゆる冷却期間と呼ばれますが、お互いが頭を冷やし、お互いのことを考えない時間を作るのです。
実はこの冷却期間を設けることで、本当に自分自身が復縁したいのか、復縁することが自分にプラスになるのか、新しい人を見つけた方が良いのではないかということを見極める大切な時期とも言えるのです。

スポンサーリンク

こうして冷却期間を過ぎて、自分自身の気持ちの中で、やっぱり相手と復縁したいと強く思うのであれば、ここで相手に連絡を取りたいところ。
しかし、自分本位では失敗しかねません。
まだ、この段階では自分自身は復縁したいと思っていても、相手はどう考えているか分かりません。


そのため、共通の友人を利用して、大人数での飲み会など、集まる場所を用意してもらうと良いでしょう。
つまり、いきなり2人きりで会うのではなく、友達を交えながら、まずただ単に顔を合わせる…これが出来れば、復縁への大きな一歩と言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加