復縁は「千里の道も一歩から」

スポンサーリンク

何事も地道にコツコツと進んでいくことが大切ですが、これは復縁においても同じことが言えます。
難しいとされる事柄を何の準備もなく、いきなりチャレンジしても、よほどのラッキーや天性の能力がなければ、まず失敗するでしょう。
復縁もいきなり相手に「復縁してほしい」と自分の気持ちを一方的に伝えてしまうと、やっぱり失敗する可能性は高いのです。


もし、あなたが復縁したいと考えている相手とメールなり、電話なりで連絡が取れる場合は、少なくともまだ復縁の可能性が十分にあると言えます。
そんな場合でも、1人で先走ってしまうと、相手はそれ以上に遠くに逃げてしまうどころか、音信不通になってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

よくありがちなことに、別れているのに、付き合っている感覚のままであるということです。
この感覚は早く取り除いて、すでに恋人とは別れてしまっていること、そしてもう恋人ではないということをしっかり認識しなければなりません。
相手と自分は、もう同じ道を歩んでいるのではなく、お互いがそれぞれの道を歩んでいるのです。
つまり、別れてしまった後は、もう相手のことを干渉は出来ませんし、別れた当時の相手ではないということなのです。


復縁に焦りは禁物とされています。
それは、別れた直後から別々の人生がスタートしたことを意味し、復縁を目指すなら、冷却期間をとり、相手との心の距離を少しずつ埋めていく…つまり、いきなり復縁を狙うのではなく、新しい方と付き合うように、時間をかけてアプローチしていくことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加