我慢が理由…ならば復縁を成功させるには?

スポンサーリンク

復縁と聞くと、どうしても恋人同士のよりを戻すことを思い浮かべがちですが、夫婦でもいったん離婚してしまえば、赤の他人になるわけです、そこからもう一度よりを戻して復縁し、2度目以降の入籍をするケースもあります。
夫婦間で復縁をする…それは恋人同士がよりを戻すよりも、さらにハードルが高いものであることは間違いありません。


元々は赤の他人だった2人が、結婚届を提出することで家族になり、一緒に暮らしていくわけです。
しかし、一緒に暮らしていくことで、お互いの生活観の違いが如実に見えてくるものです。
その中には「これだけはどうしても許せない」ということも出てくるでしょう。

スポンサーリンク

一方が「理解してほしい」と押し付ければ、一方はそれを受け入れなければならなくなります。
それが一方に偏れば偏るほど、どうしても一方ばかりが我慢をしなければならなくなってしまうのです。
その我慢が積もり積もって、結果的に最後は我慢してきた方が我慢の限界を超えて、「別れよう」という結論に至ってしまうことは多いのです。
そのとき、「我慢させていたのか」と気づいても、そのときには相手はもう疲れきってしまっていて、もはや復縁どころではなくなっていることも多々あります。


もし復縁を望むのであれば、相手に何を我慢させていたのかを考える必要があります。
そして、相手に我慢させる要素を出来る限り取り除くこと…そのためには自分自身はどうすればいいのかを考える必要があります。
さらには疲れきってしまった相手のことをしっかり考えること、これこそが重要なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加