自分から振ってしまったときの復縁方法

スポンサーリンク

復縁を希望するのは、振られた方が圧倒的に多いというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
振られたことによって、気持ちは動揺し、相手に対して、「悪いところは全部直すから、もう一度復縁してほしい」などというように、復縁を申し込む…そんなイメージもあるでしょう。


しかし、実際のところ、振った側が復縁を希望すると言うケースもけして少なくありません。
なぜ振った方が、また改めて、振った相手と復縁を望むのか、不思議に思うかもしれません。
振ってしまったことで、相手が自分の元から去った…いや、自分自身から遠ざけてしまったときに、ふと気が付くと、相手のことを考え、相手がいないことでぽっかりと穴が開いたようになってしまうほど、相手の大切さに気が付いたというケースです。

スポンサーリンク

実は、このように恋人を振ったにもかかわらず、後になって後悔してしまうというケースは意外に多いのですが、この場合、自分自身が振らなければ、相手とはまだ恋愛関係が続いていた可能性が高いため、復縁しやすい状況にあるといえます。
それは、相手もまだ自分自身に対して恋愛感情を抱いている可能性が高いからです。


とはいっても、一度は振ったわけで、復縁を申し込んだとしても、コロコロと変わる相手の気持ちについていけず、すぐにOKの返事がもらえない可能性もあります。
自分自身が相手を振り回してしまっていることを肝に銘じて、復縁を申し込んだら、後は返事をしっかりと待つという姿勢をとることが重要であるといえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加