振られたときはどう復縁に持ち込むか

スポンサーリンク

付き合っている恋人から振られてしまった…そんなケースもあるでしょう。
振られたと言うのは、イコール、嫌われてしまったと捉える方もいらっしゃるでしょうが、けしてそればかりではなく、しばらく1人になりたいとか、距離を置きたいと思う場合も多いのです。


好きな人に振られてしまうのは非常に辛いことだと思います。
その隙の度合いが強ければ強いほど、「出来ることならやり直したい」と思うことでしょう。
そんなときほど、復縁したいと言う気持ちに迫られるはずです。

スポンサーリンク

ところが、ここで注意しなければならないのは、復縁したいからといって、無理やり連絡を取ったり、「もう一度やり直してほしい」と言うことを切に訴えたり、「好きです」とアピールしたりということを、いきなりしてはならないと言うことです。
これらはすべて自分の気持ちをすべて優先して、相手に訴えかけていることに過ぎません。
つまり、自分自身が言いたいことばかり言って、相手の気持ちをおざなりにしているのです。
このままだと、相手は逆にあなたを遠ざけようとしてしまうでしょう。
別れたのに、付きまとわれて、うっとうしいと思われるかもしれません。
これでは復縁とは程遠い状況に置かれてしまうことになります。


では、振られた場合はどうすれば良いかといえば、まず相手の気持ちをしっかりと汲み取ることです。
そして、復縁を目指すのであれば、まず「恋人」だった自分を捨てて、あくまでも友達として、交流を続けていくことです。
振られたと言うことは、相手がそういう気持ちになったわけですから、あなたはとにかく相手がもう一度自分に好意を抱くそのときまで、交流を途絶えさせることなく、待ち続けるしかないのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加