長文の反省メール…これは復縁には裏目に出やすい

スポンサーリンク

復縁を成功するに当たって、最もポイントになるのが「焦りは禁物」であるということです。
たとえ、遠回りで、そんなことをしていたら「相手に新しい人が出来てしまう」という焦りも生まれるかもしれませんが、別れるということはお互いに今の恋愛を冷静に見つめなおす時間が必要であることをしっかり認識することが必要となります。


あなただけが一方的に復縁したいと思っていても、相手はけしてそんなことを思ってはいません。
むしろ、距離を置きたいと思っているときに、あなたから執拗な電話やメールが来たとしたら、余計にあなたを遠ざけてしまうことでしょう。
これでは復縁はまったく期待できませんし、相手との距離はより遠ざかってしまうだけなのです。

スポンサーリンク

そしてもう1つ。
これは復縁につながるのではないかと思いながらも、実がまったく逆の結果を生みやすい行動があります。
それは、やたらと長い謝罪のメールを送ってみたり、相手のことをやたらと褒めてみたりすることです。
これは一見すれば、復縁に向けて効果があるのではないかと思う方も多いかと思いますが、実は逆の結果を生みやすい行動パターンの1つといえます。


別れるということは、相手と距離を置きたいと思っているということ。
にもかかわらず、反省文のメールを送ったところで、「この人は短期間で反省して、やり直せるのだろうか」と逆に疑心暗鬼を生みやすく、長いメールは読む気もうせてしまい、距離を置きたいと思ってしまうのです。
長い反省のメール…実は復縁しやすくなるのではと思うような行為も、裏目に出やすいものがあるということを理解しておくことも、復縁を成功しやすくなる要因であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加